withでブロックすると/されるとどうなる?ばれる?やり方や退会との見分け方も解説!

恋人が欲しい人は要チェック!当サイトで人気の
マッチングアプリおすすめランキング!40種類を女子向けに徹底比較!はこちら!

ぼっちの夏を回避するなら以下のアプリが最適!女性は全て登録無料なので複数登録もオススメ!

金メダルシュガーダディ驚異の男性の7割が年収1000万以上!
話題のパパ活に興味がある方ははもちろん、ハイスペと上質な出会いを楽しみたい方は登録必須!?
銀メダルゼクシィ縁結びあのゼクシィの恋活婚活アプリ!
夫婦6000組のデータの価値観診断により会員の8割が半年以内に相手を見つけている実績あり!
銅メダルOmiai会員数300万人越えの恋活アプリ!
安全・安心に力を入れておりブラウザでも使えるので履歴が消せる!友達や同僚に身バレしたくない人にオススメ!
おすすめDine面倒なやり取りをせず、即デートで人気急上昇中!
高収入のハイスペと付き合いたいなら今すぐDineに登録!無料で美味しいお店もごちそうしてもらえる!
with_ブロック_バレる_知り合い_退会_解除_やり方_足跡

今回は人気のマッチングアプリ「with」でブロックする/されるとどうなるのか紹介しています。さらにwithで知り合いなどをブロックをすると相手にバレるのかや退会と見分けれるのか、非表示との違いとやり方も解説していますので参考にして下さい。

with(ウィズ)のブロックとは?

マッチングアプリ「with」におけるブロック機能とは、簡単に言うと相手とこれ以上連絡したくない時に使う機能です。

ブロックの機能
  • メッセージの送受信ができなくなる
  • 過去のやり取りやメッセージも全て消える
  • お互いの足跡の履歴も消える
  • 要は全ての痕跡が消えて一切連絡できなくなる

不快な会員に限らずリアルの知り合いを見つけた時など、連絡したくなくなった時は積極的にブロックしていきましょう。

ただ一度ブロックすると解除することができないので、その相手とは一生やり取りができなくなる点にだけ注意して下さい。

with(ウィズ)のブロックのやり方

withのブロックのやり方は全部で2通りありますので、以下に順番に紹介していきます。

やり方1
  1. メッセージ一覧画面を開く
  2. ブロックしたい相手を左へスワイプ
  3. 「ブロックしてもよろしいですか?」と聞かれるのでブロックするをタップ
  4. ブロック完了

こちらがメッセージ一覧画面からブロックをする方法です。

やり方2
  1. ブロックしたい相手のトーク画面を開く
  2. 右上にある「・・・」をタップ
  3. 「ブロックする」をタップ
  4. 「ブロックしてもよろしいですか?」と聞かれるのでブロックするをタップ
  5. ブロック完了

こちらがトーク画面からブロックする方法です。どちらの方法でも結果に差はありませんので、自分のやりやすいと思う方でブロックして下さい。

with(ウィズ)でブロックすると相手にバレる?

結論から言うとバレる可能性はあります。ただそれはマッチング後にブロックをした場合の話なので、マッチング前にブロックした場合は100%バレません。

マッチング前にブロックした場合、相手はあなたを検索で見つける事はおろか足跡を確認する事すらできなくなるので、そもそもあなたの存在を見つけることができなくなるのです。

そのため、マッチング前に不快な会員やリアルの知り合いをブロックした場合、バレる心配は一切ありませんよ。

ただマッチング後だと今までやり取りをしていたあなたのメッセージや足跡がいきなり見れなくなるので、相手によっては「あれ?ブロックされたかも?」となる場合があります。

ただメッセージを送ったりプロフィールを見るなどの行動が一切出来なくなりますので、退会と見分けがつきません。

わざわざ退会→再登録でもしない限り真偽を確かめる事はできないので安心してブロックしましょう。

with(ウィズ)でブロックされたか確かめる方法

前述した通り、相手が退会したのか、それとも自分がブロックをされたのかを100%判断する方法はありません。

しかし下記の3つのポイントに当てはまっている場合、ほぼ確実にブロックされていると考えた方が良いでしょう。

ブロックの確認方法
  • トーク履歴が消えてる
  • 足跡履歴から相手が消えてる
  • 自分のいいね履歴から相手が消えてる

with(ウィズ)の非表示とは?

withにはブロックと類似した機能として、相手を「非表示」にできる機能があります。

これはマッチングした相手を自分の画面から消す機能です。LINEの非表示機能をイメージしてもらえると分かりやすいかもしれません。

前述した通り一度ブロックをすると相手と二度と連絡をすることが出来なくなりますが、非表示はあくまでも自分側から見えなくするだけなので、相手はメッセージの送信などを引き続き行えます。

自分から見えなくなるだけで、相手は引き続きメッセージを送れるのがブロックと非表示の最大の違いと言えるでしょう。

with(ウィズ)の非表示のやり方は?

ブロックと同様に非表示のやり方も2通りありますので、以下に順番に紹介していきます。

やり方1
  1. メッセージ一覧画面を開く
  2. 非表示したい相手を左へスワイプ
  3. 非表示をタップ
  4. 非表示完了

こちらがメッセージ一覧画面から非表示にする方法です。

やり方2
  1. ブロックしたい相手のトーク画面を開く
  2. 右上にある「・・・」をタップ
  3. 「非表示にする」をタップ
  4. 非表示完了

こちらがトーク画面から非表示にする方法です。

ブロックと違い相手にバレないのが非表示の良いところですので、基本的には非表示にして、絶対に見つかりたくないリアルの知り合いの見つけた時は先制でブロックすると良いでしょう。

with(ウィズ)のブロックと非表示まとめ

記事のまとめ
  • ブロックは相手との連絡を完全に断つ事ができる
  • ブロックは一度行うと解除できない
  • ブロックは相手にほぼバレない
  • マッチング後だとブロックを確かめる方法はある
  • 非表示はLINEの非表示とほぼ同じ

今回はwithのブロックや非表示のやり方や相手にバレるかどうかについて解説しました。

基本的にブロックは完全に連絡を絶ちたい悪質会員やリアルの知り合いに、非表示はなんとなく不愉快な会員やメッセージが邪魔な会員などに使うと良いでしょう。

ブロックはマッチング後の話ですが使うと相手にバレる可能性もあるので、使い勝手は非表示の方が良いです。

この記事を読んだ方は、withについて紹介している以下の『with(ウィズ)アプリ評判!500人の口コミでわかる女性向け評価!』などの記事もご覧下さい。

withについて詳しく知ることで、今よりもさらに理想の異性と出会える確率高くできますよ。

with(ウィズ)アプリ評判!500人の口コミでわかる女性向け評価!
メンタリストDaigoさんが監修していることで話題のマッチングアプリ「with(ウィズ)」を徹底評価!実際にwithを使っている女性500人の評判や口コミ、体験談をまとめました。一緒に男性会員の年収・年齢・料金・登録方法・退会方法なども紹介しています。

withで役立つ知識

サクラ・業者 withにサクラはいる?ウィズに業者やヤリモクがいるかも徹底調査しました!
体験談 with体験談!使って2週間で男性経験なし女が公務員男子と出会った話
身バレ・Facebook withは友達にバレる?Facebookなしでもバレない方法や身バレ対策6選!
ログインできない withにログインできない時の対処法とログイン履歴を非表示にする方法2選!
プロフィール withのプロフィールと自己紹介文のコツ!いいねを貰える書き方はコレ!
写真 withで絶対出会える写真のコツ男女別4選!顔写真なしで出会えるかも紹介!
メッセージ with初回メッセージの内容コツ例文!2回目のやり取り内容や既読確認方法も!
いいね平均・増やし方 withいいねの全て!男女別いいね数平均や増やし方、減った原因を紹介!
料金 withの料金!ウィズを女性も男性も無料で使う方法や恋活成功保証プランも!
ブロック withでブロックすると/されるとどうなる?ばれる?やり方や退会との見分け方も解説!
退会・再登録 With退会方法!できない時の対処法や注意点、ウィズの再登録方法も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMERCH[マーチ] - 女性のキレイを形に!

【おすすめアプリランキング】

順位 アプリ名 特徴
フリー金メダルアイコン
1位
記事した広告_ゼクシィ縁結びアイコン
ゼクシィ縁結び
【リクルート&ゼクシィのマッチングアプリ】
夫婦6000組のデータによる価値観診断がウリ!
会員の8割が半年で結婚を見据えたお付き合いを開始!

真剣な出会いを求めるならゼクシィ縁結び!
フリー銀メダルアイコン
2位
記事下広告_ハッピーメールアイコン
ハッピーメール
会員数2000万越え!マッチング不要で即メッセージ可能!
面倒くさがり屋やとにかく出会いを求める人に◎

女性は完全無料で実はイケメンやお金持ち男性も多い!
フリー銅メダルアイコン
3位
記事した広告_ワクワクメールアイコン
ワクワクメール
もちろん女性は完全無料!
Facebook認証不要なので手軽に始められる!
高収入男性が多いのでパパ活にも使えちゃう!


シェアする