【Omiai体験談】大学卒業まで年齢=彼氏なしの私が結婚!?

恋人が欲しい人は要チェック!当サイトで人気の
マッチングアプリおすすめランキング!40種類を女子向けに徹底比較!はこちら!

男性と違い基本的に女性は無料なので、複数のアプリに登録して恋人を探すのがオススメ!

金メダルシュガーダディなんと男性の7割が年収1000万以上!
話題のパパ活に興味がある方ははもちろん、ハイスペとのハイクラスな出会いを求める方は登録必須!
銀メダルゼクシィ縁結び本気で結婚をしたいならコレ!
あのゼクシィの恋活婚活アプリ!なんと会員の8割が半年以内に相手を見つけている実績あり!
銅メダルOmiai数多くのランキングで1位の実績がある真剣恋活アプリ!
安全・安心に力を入れておりブラウザでも使えるので恋活をしている事を友達や同僚にバレしたくない人にオススメ!
おすすめDine面倒なやり取りをせず、即デートで人気急上昇中!
高収入のハイスペと付き合いたいなら今すぐDineに登録!無料で美味しいお店もごちそうしてもらえる!
Omiai体験談

大学卒業まで年齢=彼氏いない歴という完全干物女だった私が、Omiaiで星野源似の旦那と結婚するまでの体験談を詳しく紹介!ネットの出会いやマッチングアプリを胡散臭いと思っていた私がOmiaiを使うに至った理由なども解説しているので、興味のある方はぜひご覧下さい。

29歳のわたしがOmiaiを実際に使ってみた体験談!

Omiai体験談29歳のわたし

まずは自己紹介から。わたしは29歳、現在専業主婦のミカです。

今でこそ3歳と1歳になる子供がいますが、中高は一貫の私立の女子校に通っていました。

そして大学に入学と同時に4年間共学で学生生活楽しんだものの、大学卒業までは年齢=彼氏いない歴を更新し続けていました。

そんな私がどうしてOmiaiを選んだのか。そしてどうやって「Omiai」で結婚まで至ったのかの体験談を今回は紹介していきます。

わたしがOmiaiに出会うまでの流れ

オタクだったので現実の出会いに興味なし

Omiai体験談当初は出会いに興味なし



わたしが通っていた中高一貫校は進学校でしたので、それまでは彼氏をつくるといったことすら頭に浮かびませんでした。


また、その時はアニメや漫画が好きな、いわゆる二次元で満足できてしまうオタクだったのも、それに余計に拍車をかけていたと思います。

大学生になっても思うような恋ができない日々

ただ、さすがに大学生になり周りに男性が現れ始めると、サークルやバイト先などで好きな人もできました。

しかし、残念ながら私が好きになった男性は、ことごとく既に彼女がいたり酷い時は同性愛者だったりで、関係は思うようにいかなかったです。

時たまわたしのことを好いてくれる男性も現れるのですが、そういうときに限ってどうしてもわたしが相手男性のことを好きだと思えなかったのです。

だから告白されそうな雰囲気になるとやたらと逃げ回ったり、距離をおいたり…。 好きな人に好きになってもらいたいだけなのに、どうしてこれほど難しいのか、と思い悩む毎日でした。

大学生活半ばで、既に喪女な雰囲気

Omiai体験談大学4年で既に喪女

わたしは変に真面目だったので、好きでもない男性と付き合うということもできず…当時のわたしは、花の大学生なのに着々と喪女の雰囲気を出し始めていたような気がします。

ただ、大学も半ばになると、ネットで出会う方法があることを知りました。しかし、当時のわたしはそういったものはなんとなく怖いイメージがあり、出会い系サイトとマッチングアプリをごっちゃに考えていたんです。

大学4年の時イメージが変わるきっかけが

Omiai体験談大学4年でOmiaiと出会う

しかし、そんなアプリに対するイメージが変わった瞬間がありました。それが大学4年のときです。4年の頃は無事に会社に内定をいただき、卒論もほぼほぼ書き終わり、あとは卒業というイベントをこなすだけの暇な大学生活を過ごしていました。

そんなある日、大学の友人と一緒に夜ご飯を食べていると、「そろそろ結婚相手と付き合っておくべきだよね」と言われたんです。

わたし自身は結婚なんてまだまだ先の話だと思っていたので、同い年の友人からそんな言葉が出たことに衝撃を受けました。でもよく考えて逆算してみると、友人の言う通りなんです。

30歳までに子どもを産んでおきたいのであれば、29歳で妊娠していないとなりません。そして夫婦2人きりの生活も3年程度ほしいなら、26歳には結婚して置く必要があります。

となると、23歳には夫となる人と出会って恋人関係になっておく必要があるのです。大学4年生で22歳のわたしたちには、後1年しか余裕がない事に気づいてしまいました。

友人の紹介でマッチングアプリを始めることに

そして友人は酔っ払いながら、「だからわたし、マッチングアプリすることにしたんだ」とマッチングアプリの存在を教えてくれたんです。

友人の話に衝撃を受けたわたしは、その勢いのまま帰りの電車の中で目についたマッチングアプリ「Omiai」を早速インストールしました。

そしてその日の夜に布団の中で会員登録を済ませ、さっそくプロフィールの作成に取り掛かったのです。

わたしがOmiaiを選んだ理由

安全そうだったから

Omiai体験談Omiaiは安全そう

Omiaiを選んだ一番の理由は、実際にマッチングアプリで恋活をしていた友人から安全性をさんざん説明されていたからです。

あとは当時リリースされていた他のいくつかのマッチングアプリの中でも、Omiaiは一番結婚に真面目な人が多そうだと感じたからです。

これまで誰とも付き合ったことのないわたしは、お付き合いするなら真面目に恋愛できる人じゃないと無理だと思っていましたし、遊ばれるのもごめんだったので本当に将来のことを考えて付き合ってくれそうな人を見つけたいと思っていました。

それに少し調べてみると、Omiaiは男性会員の月額費用がほかよりもちょっと高めであることがわかり、それもOmiaiを使うことにした決め手でした。

Omiaiなら、ちょっと高めの金額を払ってでも結婚に対して前向きな女性を見つけたいと考える、真面目な男性が多いのではないかと思ったんです。

真剣な男性会員が多かったから

Omiai体験談真剣そうな会員が多い

私が大学生の頃から存在しているだけあって、Omiaiは今ではすっかりマッチングアプリの中でも老舗の部類に入る存在です。

しかし、実はOmiaiをメインでやっていこうとは最初から決めていたものの、一時期は「ペアーズ(Pairs)」の会員数の多さに惹かれて登録していました。

しかし、結局一週間ほど経つとOmiaiだけを利用するようになり、ペアーズは放置気味になってしまいました。

理由はペアーズでマッチングする男性は、なんとなく軽い印象が否めなかったからです。実際、すぐにLINEを聞いてきたり、仲良くなったあとにLINE交換をして電話で話してみると、遊んでいそうな雰囲気がする方が多かったです。

「男性とお付き合いの経験すらないのに、そんな風に思うなんて勘違いじゃないの?」という声も聞こえてきそうですが、確かに今考えると勘違いだったのかもしれませんし、断った男性は何も悪いことをしたな、と思います。

当時のわたしはお付き合いの経験がなかったからこそ、かなり慎重で警戒心が強く、安全で真剣そうな男性の多いOmiaiを本格的に使うことにしました。

わたしがOmiaiを使っていて感じたメリット

会員数が多いので一人がダメでも次に向けて切り替えれる

Omiai会員数が多いから安心

Omiaiは会員数が多いので、「1人が駄目でもまだまだ男性会員はたくさんいるしいいや」と、さくっと前を向けるのがメリットだと思います。

詳細なプロフィールが見れる

それから、会話を始める前に相手の詳細なプロフィールがわかるのもOmiaiのメリットです。 実際の出会ってから知り合う、合コンや街コンだったらこうはいきません。

いちいち自己紹介をして、趣味を聞いて、愛想笑いをして、会話が途切れないように意識して…とちょっと考えるだけでも疲れることが盛り沢山です。

でもOmiaiならそんな事をする必要なく、相手の趣味や色々なことを知れて、しかも年収なども確認できるのもかなり魅力的でした。

合わなそうな相手を事前に切れる

また、そもそも話が合わなそうだなと思った人には、いいねを押されてもいいねを押し返さなければ会話すらはじまらない、という点も気楽でした。

マッチングアプリによっては、いいねをしなくてもいきなりメッセージを送れるものもあるので、Omiaiはかなり良かったです。

実際にわたしがOmiaiでマッチングした男性

Omiai体験談これまで出会った男性

当時、わたしは女子大生という肩書があったせいかもしれませんが、登録してすぐにさまざまな人からいいねを押していただけました。

そのせいか、気がつくと人気会員にランクインさせていただいていました。また、ランクインをしてから、マッチング率がグンとあがったのを覚えています。

ただ、なかなかメッセージでやり取りをしても、実際に会うところまで行く男性はいませんでした。

また約束の日を決めても、途中で退会表示がでたり音信不通になってしまったり、 あるいはドタキャンされてしまったり、そのまま連絡がこなくなったりすることも多かったです。

わたし自身、同時並行で2〜3人の男性とやり取りをしていたので、連絡が取れなかった男性に対しては「他に良い人が見つかったんだろうな」くらいにしか思っていませんでした。

なので、やりとりした人すべての人と食事に行けたわけではありませんでしたが、以下に実際にやり取りをした後、デートまで進展した男性はどんな人達だったのかをご紹介します。嘘偽りなく書くので残念だった人も混じっていますが、ご容赦ください。

Aさん

28歳、高収入。個人事業主の経営者で、慶応大学を出た後、社会で働き、博士号が欲しくてもう一度慶応大学院生になったそうです。

出会ったとき、慶応大学院生と個人事業の両方をこなしていました。カメラが趣味らしく、カメラのことを暑く語っていました。

考え事をするときに折り紙をおるくせがあるようで、なんと、バラの花を折って別れ際にくれました。今思い出してもすごく素敵な人だったと思います。

Bさん

31歳、高収入。東北の旧帝大卒業で音楽の趣味が似ていて、話が合いました。ランチデートをしたあとに、趣味で撮ったというとても上手な写真を見せてくれました。

穏やかな良い人でしたが、ご飯の後にホテルに誘ってきたので以降疎遠に…。

Cさん

24歳、東大院生。海にいる微生物の研究をしているらしく、海鮮居酒屋にいって面白い話をたくさん話してくれました。

Omiaiは彼女探しというよりは、知り合いを増やしたくて登録している、と自ら話していました。

その後も友達としては何度か会いましたが、わたしは彼氏探しのために登録しているので少し複雑でした。

Dさん

23歳、東工大生。実物が写真とあまりにも顔が違ったのでびっくり…。サークルをやめて急激に太ってしまったと本人はいっていましたが、いくらなんでも骨格レベルで違うのは…といった感じでした。

そして、別れ際に「もう俺たち恋人同士だよね」という勘違いもされたので、さらに驚きました。もちろんLINEもOmiaiもブロック。

Eさん

30歳、ワインが好きな社会人。デザイン系の会社で働いている男性でした。ただ、酔っ払ってくると、仕草や雰囲気がなんとなくおねえっぽくなるので、次第に苦手に感じてしまいました。

Fさん

忘れてしまったけれど、マーチのどこかの大学生で同い年でした。そこそこ会話ははずんだけれど、どことなく遊んでいる感じがしました。

ご飯が終わった後も「終電まで遊ぼうよ」、と声をかけられましたが、なんとなく不安になりすぐさま帰宅。

Gさん

30歳、都内勤務、だけれども個人事業もしていました。普段はIT会社に勤務しており、星野源に似ていました。

ここまでが、思い出せる限りの、Omiaiでマッチングして出会ったことのある男性です。そして、今の夫は実は、Gさんだったりします。

OmiaiでGさんと出会ってから結婚までの流れ

足跡をながめていると発見

Omiai体験談出会ったきっかけ足跡

Gさんと出会ったのは、Omiaiを始めてから3ヶ月経ったころでした。その頃にはわたしは人気会員にランクインしていたため、そこそこ自分からいいねを押した人にも、いいねを押し返してもらえるようになっていました。

そうしていつものように、ぼんやりと自分のプロフィールを見てくれた足あとを眺めていると、Gさんがいたんです。

実はわたしは星野源や坂口健太郎などの塩顔がかなり好みで、おまけに色が白い清潔感のある人が好きだったので、Gさんはまさにドンピシャでした。

おお!と思い、即いいねを押しに行きました。しかし、いいねを押してしまった後にGさんがかなりの人気会員だと気づいたんです。

人気会員の男性からは、ランキングに載っているわたしでもメッセージの返事がくることはかなり稀でした。だから期待もせず、その日は就寝したのですが… 翌朝、驚いたことにGさんとマッチングできていて、しかもメッセージが届いていました。

そこからしばらくはメッセージを続ける日々

そこからGさんとのやり取りが始まりましたが、彼は仕事がかなり忙しいようで、わたしが朝にメッセージを返して、夜中にGさんの返事が届いている。そしてわたしがまた朝メッセージを送る…ということが続きました。

しかし、Gさんはかなり几帳面だったので、わたしが書いたメッセージの全てに毎回言及してくれました。おかげで、お互いかなりの長文メッセージを1日1回送っていました。

しかし、メッセージを重ねるうちに不安なことが出てきました。それは、Gさんから食事の誘いがまったくないことです。

実はわたしから食事に誘うのはいつも控えていました。というのも、なんとなく相手に逃げ道を用意しておきたかったからでした。

この子はちょっと違うなと思われたら、さくっと消えてもらえたほうがわたしの精神衛生上良かったんです…。ほんと今考えると、なんかわたしひどいですね…。

不安な日々が続くけれど…

Omiai体験談出会うきっかけ不安な非違

まあ、そういった理由で私はGさんからいつ食事に誘われるのだろう、と思いつつ待っていました。 しかし、なんと1ヶ月ほどメッセージ交換を続けても何も誘われません!

そのため、「一体この人なんなんだろう…。ただ若い子とメッセージのやり取りができて楽しいだけなのかな?」とだんだん不安になってきました。

すると、そんな不安が通じたかのように、やっと食事に誘われました。ただ、その食事できると指定してきた日付が、なんと3ヶ月も先の話でした。

どうやら、Gさんはそこまでいかないと仕事や出張が落ち着かない状況のようでした。

ダメだったら諦めるつもりだった

マッチングアプリで食事に行こうと約束する時、大事なのは約束した日からなるべく近い日にすることだと思っています。

というのも、遠い未来に約束してしまうと、その間誰かと付き合うことになるかもしれないし、そもそも約束を忘れ去られてしまうこともあるからです。

でも、Gさんは3ヶ月後がいいと言っているので、これで食事に行く約束がなしになってしまったら、それはそれでGさんとは縁がなかったんだな、と諦めることにして了承しました。

ただ、まあ現実がどうなったかというと、先ほどGさんが現夫と言ったのでお察しの通りなんのですが…3ヶ月後の食事デートが実現したんです。しかも、その日まで長文の1日1通メッセージも欠かさずありました。

ついにGさんと会うことに

Omiai体験談ついに会うことに

そして約束の前日、お互い電話できたほうが当日見つけやすいからという理由で、LINEの交換をしました。

参考記事→『マッチングアプリのLINE交換はデート約束直後がベスト!頻度や失敗時の対処法も

長い期間メッセージのやり取りをしていたのに、そのときになってはじめて、少しだけLINEで電話もしました。

しかし、特に話す要件もないわたしたちは、「〇〇です、電話でははじめましてですね…。明日はよろしくおねがいします」というような義務連絡だけ話して、電話は終了したのです。

そのため、電話で話をしてみてますます「Gさんってなんか変な人だな」、という気持ちが強くなりました。

でも、メッセージではあれだけ長文で長く楽しく会話できていたので、不安もありますがデートの日がかなり楽しみでした。

初デートは焼肉屋

デート当日は、そこそこ有名な美味しい焼肉屋さんに連れて行ってもらいました。そしてそこで、Gさんが彼のいる業界ではそこそこすごい人だということを初めて知ったんです。

わたしが知っている作品も、いくつか彼が制作に携わったことを知りました。まだまだ学生だったので、こんなすごい人と知り合えただけでもOmiaiってすごいわ…と感動すらしていたのをよく覚えています。

ただ、感動や彼に対して尊敬の念は抱いたものの、そういった格の違いを感じすぎてしまったのも事実です。

だから、帰りの電車のなかでは私にとってGさんはもう終わった人になりかけていました。 「たぶん、彼がわたしを好きになることはないだろう」「Gさんにとって、わたしはまだまだ子どもに見えるだろうし」と勝手に思ってしまったんです。

でも同時に「Gさんとお付き合いすることはないだろうけど、すごい人と知り合えておもしろかった〜」と、謎の満足感に満たされていました。

関係は終わったと思ったけれど…

Omiai体験談ついに結ばれることに

ところが、Gさんはその後も何度も食事に誘ってくれました。そして、わたしが大学の卒業式を無事終えた翌日の夜、Gさんと3回目の食事デートをすることに。

なんとその食事デートの終わりに、Gさんから「お互いもっと知り合っていくためにも、お付き合いしていただけませんか?」と告白されたんです。

実は、わたしは当時は3回目のデートになっても、Gさんがわたしを好いてくれているとはこれっぽっちも思っていなかったんです。(3回目の食事に誘ってくれた時も、卒業祝いに美味しいものでもおごってくれるのかな〜嬉しいな〜ということしか考えていなかった。)

だから、そんな言葉をかけてもらったとき、思わず変な声がでるほど驚きました。ただ、もともとGさんのことは尊敬していたし、人としてGさんが好きな気持ちはあったので、ありがたくお付き合いをさせていただくことになりました。

それから社会人になってGさんと付き合い始め、喧嘩もたくさんしましたがお付き合いは続きました。そうして、わたしが25歳のときに、晴れてGさんと結婚式を挙げました。

Omiaiは人生を変える相手と出会えるかもしれないアプリ!

以上がわたしがOmiaiを利用して結婚をした体験談です。大学卒業まで一度も誰とも付き合ったことのなかったわたしでさえ結婚できたので、Omiaiは全ての女性に本当におすすめしたいマッチングアプリです。

マッチングアプリはまめにメッセージの返事をする必要があったり、同時並行でメッセージのやり取りをしたりするという大変な部分もあります。

しかし、それでも何度も婚活パーティーに参加したり、街コンに参加したりするよりも少ない労力で恋人を見つけることができるんです。

特にOmiaiは真面目な人が多いので、婚活疲れしている人や、ネットでの出会いに偏見を抱いている人ほど、まずはインストールしてみてほしいです。

そして、自分にOmiaiが合っているかどうかを試してみてほしいです。そしてあなたの運命の人と出会えることを、心から祈っています。

こちらの『Omiaiの評判!アプリを使っている女性500人の口コミでわかる評価』の記事では、そんなOmiaiの口コミや会員データの他、わたし以外の体験談も載っています。良ければ一緒にご覧下さい。

Omiaiの評判!アプリを使っている女性500人の口コミでわかる評価
人気の恋活アプリ「Omiai(オミアイ)」の評判や、実際にアプリを使っている女性500人分の口コミや体験談を徹底紹介!Omiaiとペアーズなどの大手マッチングアプリとの会員数・安全性・年収・年齢層・コスパの比較データや使い方、退会方法なども解説しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMERCH[マーチ] - 女性のキレイを形に!

【おすすめアプリランキング】


シェアする